かきかけの日記。

漫画・アニメ大好きな専門生のグダグダのブログ。 自己満足の為に書いてるので、多分自己中発言勃発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

だって。



ST&AS面白いっすね。


なんかね、連載始まった当初は ん~…って感じだったの。



なんせ、3年間全ての漫画を読むのを全力で我慢し続けてたモンだから、感覚が疎くなってたみたいで…。



途中で展開が速くなってきたじゃない?


あのぉ、確か…宙地の過去が出た辺りかな。

試験中だったような。


水中歩くやつ。



あの辺りから展開が速くなった気がする。



まぁ急に展開が速まると連載終わるんじゃないかとびくびくするんだけどね。



私的にST&ASの魅力を考えてみた。

ついでに私は最近のジャンプを今日友達から譲り受けたばかりです。まだ全部は読めてない。←


買わなかったことをどうか許してください。


ガチ金欠なんです。





あぁ、でね。私が考えた魅力ってんのが…。



例えばさ、宇宙兄弟。あれも宇宙飛行士を目指す漫画じゃん。



でもあれはよりリアルなんだよね。




ST&ASの魅力、まずは“能力”があること。

一人一つ、何かの為の能力。
それが最初に思い付くST&ASの魅力かな。

ジャンプらしいね~。



あとは、私個人としては。

真帆の性格かな。


宇宙飛行士になりたい、という一途な夢を持ってて。
仲間思いで。
明るくて前向きで。優しいし。


真帆の過去の話の時、めぐるに宇宙人って言われた時に、前より宇宙が好きになったって言ったじゃない。


あのシーンがすごく印象的だった。



あとは、なんつーか。


実際に宇宙人に会ったじゃない?


空想とは言え、やっぱ感動と興味と魅力がある。




試験なんてさ、両作者さまが宇宙好きと言うこともあってなのかリアルじゃない?



なんて言うか…、空想とリアルの融合、みたいな感じかな…?





眠いので結論を言っちゃいます。

まだまだ語りたいけど、結論を言っちゃいます。



“理想と空想とリアルの融合”がST&ASの魅力だと思う!





スポンサーサイト

PageTop

だけ。






二次元も三次元も好きなんですけども。

最近ね~。三次元が好きだとちょっとつらくてね~。


時間があるから。一瞬が大切だから。その瞬間にそこに居たいわけよ。


だから何、なんだけど。



そんで、いっそ嫌いになってしまおうかとも思ったけどできなくてね~。


焦りやらつらさやら色々入り交じった気持ちを、どこへやったらいいかわからなくて。

泣きながら母に話した。


くだらないと思うでしょうね。
こんなことでって。



そんでね、ちょっとずつ楽になってきて、今はもう離れようと思えばできなくはないところまできてる。



離れたい。


私は4月から新しいハードな生活が待ってるから。


ね。


だから、もういいかなって。




二次元に…、二次元ばっかの自分に戻りたい。



これ逃げだよな。




でも、それでかは分からないけど、今まで見てたドラマを見逃したのに驚くくらい冷静で、まぁいっか で済ませた。




なんだろう。




これでいい。これでいいのかもしれない。




私がよそ見をしない為に。
勉強に集中できるように。





ただ、それでも一人すごく好きな人が居て…。


イベントとか、ライヴとか行かれないのに…。


憧れとか尊敬の様で…。


本当にすごい人なんだって、何度も思ったし。


雑誌とかでコメントとか読むたびに、すごいなって。

ドラマで演技を見たりするたびに、すごいなって。



まだ舞台は観に行かれないけど、私の未来と私自信と、それから道が許してくれるなら。

私はいつか観に行きたい。


要するに、私はただプライドが高いだけ拘りがガッチリしてるだけ。






それだけだよ。

PageTop

私の時間だから。

あと、少しで高校生活も終わる。

きれいに…。

立つ鳥跡を濁さず。


今思い出すのは、体育の授業で3年の教室から校庭に出るまでの道と、気持ち。

ほんの少しのドキドキと、ほんの少しのワクワクと。

みんなでおんなじ服を着て、みんなで校庭に向かう。ハチマキを持って。階段を降りて、2年の昇降口から外に出る。

仲のいい人と話ながらハチマキを結んで。係りの人はさっさと済ませて、授業の準備をする。



そんな光景が浮かんでくる。



明日、写真を撮りたいな。

撮らせてもらえるかな。


カメラを持っていこう。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。